日頃の生活の中でもしも急にお金が不足したり、多額の出費が必要になった時には何らかの金策を講じなければなりません。家族や友人などに借りるという解決法もあるでしょうが、お金を原因としたトラブルでそういった大切な関係性が台無しになってしまうことはよくあるもの。そうした事態を呼び込まないためにも、お金は自分自身の力でなんとか用立てするのが良いでしょう。その意味でも消費者金融が提供するキャッシングはとても便利で使い勝手の良い金融サービスです。

キャッシングとは申請時に希望した金額をそのまま銀行口座への一括振り込みという形で借りれる手法です。ネットや電話などを使って借り入れ申し込みを行えば店舗に出向くことなく、また夜遅くの申し込みや、場合によっては24時間いつでも申請できるので大助かりです。利用には然るべき審査があり、その中でも在籍確認と呼ばれる勤務先への電話確認を行うものも多いのが実状です。

しかしながら世の中にはこの在籍確認に難色を示す利用者が多いのも事実。というのも、勤務先や業種によっては会社へ電話をかけられるとすぐにバレやすかったり、立場的に迷惑と感じる人も少なくないからです。そういった人たちへの配慮もあって最近では在籍確認なしでもお金が借りれるサービスも増えてきています。在籍確認なしでお金を借りる場合、申請者がその勤務先に勤務しているという然るべき証拠を提示することが求められます。つまり給与明細や証書、社員証、保険証など、勤務先名が印字された書類を手元に用意して審査に臨めば良いのです。これで会社の同僚に何かを勘づかれる心配なく手続きが行えますし、また普段電話など受けない人に電話がかかってきたことを怪しまれることもありません。また、契約社員やアルバイト、パートといった立場の弱い人に電話があったことで居心地の悪い想いをすることもなく安心です。

ただしどういった書類や証書がこの在籍確認なしの代わりとして有効なのかは各社の規定によって違います。まずは電話相談や店舗窓口で詳細を尋ねてみるところから始めるとよいでしょう。